2012年03月11日

3.11


東日本大震災から1年です。




いつものように普通の朝を迎え、いつものように過ごしていたあの日、
14時46分にいつもの生活が一変しました・・・。






今日、記帳と献花に行き、1年が経ったんだなあと改めて実感しています。
朝から曇りで、時々涙雨が空からこぼれ落ちていましたが
黙とうの後に見上げた空からは、少しだけ希望の光がのぞいていました。





DVC00021.jpg



posted by ぱぐう at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災

2011年12月21日

復興へ 〜2011 SENDAI光のページェント


日曜日は、MUSIC SAVES TOMORROW LIVE in 仙台へ。
JUJU とThe No PROBLEM's の歌とトークを楽しみ、一足早くクリスマス気分クリスマス


その後、光のページェントへ・・・。



IMG_6268-1.jpg



続きを読む
posted by ぱぐう at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災

2011年12月14日

チャリティチョコレート


東日本大震災から9ヶ月が過ぎました。
最近ブログ記事にすることがなかったけど、あの時から何も変わってはいません。
こちらでも、震災関連の報道はかなり少なくなったので
他県ではほとんどニュースにならないのでは・・・。



今年は世界各地で災害が多いけれど、トルコの地震でも多くの方が亡くなられました。
そんな中、被災者支援をしていた日本人が余震で亡くなったニュースはショッキングで・・・。
その時知ったのが、難民を助ける会でした。



世界各地での難民支援や障害者支援はもちろん
東日本大震災の復興支援も継続中です。
そこで見つけたのが、六花亭のチャリティチョコレートでした。



DVC00356.jpg



薄さ2ミリ、直径3センチのカラフルマンス。
ラズベリー、メープル、紅茶、マンゴー、パッションフルーツ、抹茶が
各3枚、計18枚入りのチョコレートです(価格:¥500)。
もちろん味も美味しい〜〜るんるん



DVC00357.jpg



チョコレートの収益はすべて東日本大震災被災者支援や
アジア・アフリカなどで実施している難民を助ける会の活動に充てられます。
ギフトパッケージも出たようなので、ちょっとした贈り物にも良いかも揺れるハート

くわしくはこちら 次項有 認定NPO法人 難民を助ける会


posted by ぱぐう at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災

2011年09月11日

あの日から


アメリカ同時多発テロから10年・・・。
最初に見たニュース映像では、何が起きたのか理解できなかった。
この10年で私の人生はだいぶ変わったけど、
あの日から、アメリカでは何が変わったのだろう・・・。



そして、東日本大震災から半年。
相変わらず避難所生活をしている方も多く、瓦礫も山積み。
あの日から何も変わっていない場所も多い・・・。
10年後、いったいどうなっているんだろう・・・。





震災後、石巻や女川などの沿岸部では地盤沈下のため、大潮の時には道路が冠水し水浸しに。
気仙沼でも同じようで、船着場付近は側溝等から海水が噴き出し
とっても歩きにくいらしい。


2011081706350000-1.jpg


この状態から脱出できるのは、何ヶ月、何年先なんだろう・・・。



posted by ぱぐう at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東日本大震災

2011年07月15日

復興へ 〜女川


宮城県の沿岸部に女川(おながわ)という町があります。
こちらも被害がひどく、コンクリートの建物までもが津波で倒されました。



その女川で被災した皆さんが作っているのが「onagawa fish」。
文字通り女川のお魚です。



DVC00273.jpg



木で出来た、カワイイお魚のキーホルダー揺れるハート




物資の支援募集も少なくなりつつあり、
何か別の形での支援がないかなあと思っていたときに知ったのが
「小さな復興プロジェクト」でした。


〜私たちは東日本大震災の被害に合われた方々へ、
ものづくりを通した経済的自立支援を行っております。

被災者の、ものづくりをする事による収入の確保だけではなく、
家や仕事を失った日常の時間の有効活用や被災による心的ストレスの軽減を促し、
同時に、非被災者にとって、義援金とは違ったダイレクトな支援と支援の“証”が
手元に残る事による“自然災害への啓蒙”を促します〜

(小さな復興プロジェクト ブログより抜粋)




とてもいいプロジェクトだなあと思い、注文。
注文が殺到しているらしく、4週間かかったけど、無事我が家に泳ぎ着きました。
なんと言っても手触りが良くて、握っていると癒される〜かわいい



DVC00274.jpg



「おさかなドットおながわ」と読むそうで、
おさかなが“ドッと”取れる女川にもどれるように・・・・という願いが込められています。




くわしくはこちら 次項有 小さな復興プロジェクト



posted by ぱぐう at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。