2012年03月12日

記念日反応



親しい人や大事なものを喪失した時に人が体験する複雑な心理的・身体的・社会的反応を
悲嘆反応(グリーフ)と言うそうで、
震災から1年の今、このような節目の時期には悲嘆反応が重なることがあり、
これを記念日反応と言うそうです。



人はいつかはこの世の中からいなくなってしまうけれど、
ある日突然、大事な人が目の前からいなくなってしまったら・・・
体験した人にしかわからない哀しみだと思います。



仮設住宅に入居していた女性が自殺したというニュースを聞きました。
その方は避難所では炊き出しをしたりと積極的に活動していたそうですが
仮設に入り何もすることが無くなったとき、
義父を助ける事ができなかったと自分を責めるようになり、自殺に至ったようです。



たった1年で、人を亡くした哀しみは消えません。
その事実を受け止め、受け入れるまでには何年もかかります。
復興にも何年もかかります。
被災地の事を忘れないでください。






震災後1年、あの時を振り返る番組が多く、
今まで知らなかったことや見たことがなかった映像などを見ることも多いですが
本も色々出ています。
機会があったら読んでみて下さい。



石巻赤十字病院の100日間

価格:1,575円
(2012/3/12 22:40時点)






宮城県知事も本を出してました。

それでも東北は負けない

価格:840円
(2012/3/12 22:44時点)





posted by ぱぐう at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。