2011年03月30日

SAMURAI BLUE チャリティーマッチ


サッカー日本代表とJリーグ選抜のチャリティーマッチサッカー
スター選手が勢ぞろいで迫力ある試合だった〜。
何よりも、Jリーグ選抜のベガルタカラーのユニフォームや
サポーターのみなさんの歌うベガルタの応援歌に感動。
そういう気持ちが嬉しい・・・。



カズのシュートもすごかったけど、試合後の言葉がまた嬉しい。
「仙台でもチャリティーマッチができたら・・・」
本当に実現させて欲しいexclamation
そして、被災したたくさんの子供達を招待してほしいなあ・・・。



仙台での最高視聴率は30%を越えたみたいだけど
避難所でどれくらいの方が観ることが出来たんだろう。
小笠原選手が、避難所でも観れるようになんとかしてくださいと訴えていたけど
インタビューしていた各メディアの方は動いてくれたのかな・・・。



疑問だらけの世の中だけど、被災地のために、被災者のために
たくさんの方々が頑張ってくれています。
本当にありがとうございます。
なかなかそういう方の本当の声をメディアでは扱ってくれないけれど、
被災地で医療活動をされた方が体験談を綴っていたので、読んでみてください。

次項有 JKTS 被災地へ医療スタッフとして行ってきました。


posted by ぱぐう at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。